大阪府 大東市 住道 内科 整形外科 皮膚科の惠和会総合クリニックです。

 

9月に入り、秋の始まりを感じるようになってきましたね。

街中でもちらほらと秋物が目に入るようになりました。

そろそろサンダルの時期も終わりを迎え、いよいよ靴の出番です!!!

そこで靴や足の事でお悩みの方はいらっしゃいませんか?

例えば…

外反母趾扁平足タコウオノメなど足のトラブルを抱えていて靴を履くのがいや…』

『靴を選ぶのに困っている………』   など。

 

 

 

 

 

今回はこのような足のトラブルの原因について少しお話させていただきたいと思います。

 

足には3つのアーチと呼ばれるものが存在しています。

1つ目に内側縦アーチ、2つ目に外側縦アーチ、3つ目に横アーチ、と大きく分けて3つのアーチで構成されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらのアーチは…

地面からの衝撃を吸収し、足部や足関節・膝関節・腰部への負担を軽減させる役割があります。

 

筋力低下やハイヒールなどを履いて足に負担をかける事で徐々にこのアーチが低下し外反母趾や扁平足、タコやウオノメの原因となります。そして痛みを伴うことで歩きにくくなり足関節・膝関節・腰部への負担をかけ各関節が痛むことがあります。

 

当クリニックでは整形外科・皮膚科・リハビリテーション科で連携しこれらの足部のトラブルに対応した治療を提供しています。

次週これらの足部のトラブルに対応したリハビリテーション科での取り組みや治療などをご紹介いたします。

乞うご期待!!!

 

 

リハビリテーション科 K