大阪府 大東市 住道 内科 整形外科 皮膚科 の惠和会総合クリニックです。

少し美容記事の更新があいてしまいました(´;ω;`)

まだまだ日差しの強い暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

今年は紫外線の量が多いとの噂が(゚д゚)!みなさんしっかり紫外線対策はされていましたか?

ブログでも度々紹介していました飲む日焼け止めもご好評いただきたくさんの方にご利用いただいていります♡ありがとうございますm(__)m

しっかり紫外線対策された方も、やはり少なからず紫外線によるお肌のダメージはあると思います。

そこで紫外線の悪影響についてお話ししたいと思います!!紫外線による悪影響④つ↓

①健康的な肌であれば、新陳代謝により排出されるはずのメラニン色素ですが、
場合によっては肌内部に残存し、肌の黒化、シミ・ソバカスの原因となってしまいます。

また紫外線は、肌細胞の再生(新陳代謝)に乱れを生じさせます。

②肌の保湿機能やバリア機能を低下させ、潤いを失ったカサカサお肌になってしまいます。それに伴い肌荒れなど様々なトラブルの原因にもなります。

③紫外線を浴びると皮膚に活性酸素が発生し、 皮膚に存在する脂質を酸化させ、細胞の機能の低下など様々な肌老化の原因となってしまいます。

④真皮にダメージを与え肌は弾力性を失い、シワやタルミが発生します。
怖いことばかりですよね、、しかしそのあとのケアが美肌へのカギとなってきます!!アキラメナイデ~

この時期は、新陳代謝のサイクルを正常に保つようなお手入れを加えていきましょう✨肌の新陳代謝をサポートするお手入れとしては、 血行促進が効果的です。 また、古い角質が必要以上に肌表面に残存している場合は 新陳代謝に悪影響を及ぼしますので、 ピーリングや超音波クレンジングなどの角質ケアをすることもおすすめです。

また紫外線によって日焼けした肌は、 皮脂膜・NMF・細胞間脂質のはたらきが弱まり、保湿機能が著しく低下しています。同時に、バリア機能も低下していますので、肌は乾燥状態となり、 様々なトラブルが発生しやすい状態となっています。 そこでしっかりとイオン導入やエレクトロポレーションで美容液導入をしてあげると保湿作用だけではなく、美容液によってはお肌の機能を元に戻す働きのものやメラニン排出・酸化を抑える働きのもの、ハリ・たるみ・小じわにアプローチするものなどお悩みによって対応できます♪

普段のスキンケアでは難しい、お肌の真皮層までのしっかりしたお手入れをしていくことで、美肌への道は開けます♡一緒に頑張りましょう☺

 

また美容皮膚科の患者様には順次、エステサイトのお知らせもしております。予約が簡単にネット上でお取りしていただけるシステムになっていますので以前よりスムーズに、お手軽に予約して来ていただけるかと思います★またこちらのご案内もさせて頂きますので是非ともよろしくお願いいたします!

 

よしざき