医療法人恵和会 恵和会総合クリニック

2階 内科・循環器内科072-889-1122
3階 整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科072-870-1612
6階 皮膚科・アレルギー科・形成外科・美容皮膚科072-874-1215

※美容皮膚科は完全予約制です。

内科・循環器内科

循環器疾患は多岐にわたりますが、経験の豊富な専門医であれば患者様のお話を聞き診察するだけで、疾患の同定がある程度可能です。
気になる症状がある方はぜひ一度、私どもにご相談ください。

※状況によっては、精密検査が必要な場合もあります。

主な循環器疾患

狭心症・心筋梗塞

生活習慣病をお持ちの患者様は、全身の血管に動脈硬化が起こり易くなります。とりわけ、心臓の栄養血管である冠動脈に動脈硬化が起こると血行が悪くなり、胸が苦しく絞めつけられるような症状が出てきます。

これは狭心症といわれ、治療法は薬物療法から侵襲的血管形成術・パイパス術まで多岐にわたります。さらに、この状態がひどくなり冠動脈が血液の塊である血栓で詰まってしまうと心臓に壊死(心臓の筋肉が腐る)ができ、心臓の機能が悪くなったり、不整脈が出て突然死の原因になってしまいます。

これは心筋梗塞といわれ、緊急的な処置を必要とします。

心臓弁膜症

心臓の中の血液の流れは弁という扉で管理されており、血液の流れが円滑に進むようになっています。この弁が正常に機能しなくなると心臓弁膜症となり心雑音がしたり、心不全(歩くと息切れがしたり、むくみがでたり)を引き起こします。

この場合は、心エコーでどの弁に異常があるのか、重症度はどの程度かを検査する必要があります。

不整脈

検診で異常を指摘される無症状のものから動悸や脈が飛ぶなどの症状を伴うものまで様々です。

不整脈には多くの種類があり、精密検査の上、その種類や程度に応じて治療方針を決定していく必要があります。

心筋炎・心筋症

心臓は筋肉の塊ですが、その筋肉に高度の炎症や繊維化・肥大が起こりますと心機能が低下します。著しく低下する場合は心不全に至ります。

この場合は、心エコーで心筋の状態や心機能の評価を正しく行い、治療方針を決定していくことが必要になります。

血管の病気

血管の病気には、体の中心を走る最も太い動脈の大動脈に起こるものから手足の細い動脈におこるものまで様々です。
前者には大動脈瘤・大動脈解離(※)があり、後者には閉塞性動脈硬化症・バージャー病(※)があります。
さらに静脈の病気には下肢静脈瘤・深部静脈血栓症などがあります。

大動脈解離
突然に激しい胸の痛みが起こり、緊急手術も必要な場合がある疾患です。
バージャー病
歩くと足が痛む、手足が冷えるなどの症状がでます。

先天性心疾患

生まれつき心臓に異常をともない心雑音でみつけられることが多い病気で,直ちに手術を要するものから経過観察だけで十分なものまで様々です。
心エコーにより診断がなされます。

動脈硬化

高血圧・糖尿病・高コレステロール血症・メタボなどの生活習慣病をお持ちの患者様の血管では、血管の内側に油の汚れのようなもの(アテローム)ができて血管が細くなったり、さらには血管の肥厚が起こり弾力性がなくなるなどの変化が起こります。
これを血管の動脈硬化とよび、脳卒中や心筋梗塞などの原因となる現象です。

加齢でもある程度の動脈硬化は起こりますが、生活習慣病をお持ちの患者様は何十倍とリスクが高いため、脳卒中や心筋梗塞を起こし易い状態となります。
最近では動脈硬化の重症度を測定できる検査も可能です。

早期予防と治療のための検査

循環器疾患は早期発見、早期治療が重要です。
恵和会総合クリニックでは、下記検査が可能です。

  • 心電図検査
  • 24時間ホルター心電図検査
  • 心臓エコー(超音波診断装置)
  • ABI・CAVI(動脈硬化測定検査)

心臓エコー

心臓エコー(超音波診断装置)

安全な超音波を用いて心臓や血管の形、血液の流れを観察する検査です。
心肥大、拡張型心筋症、各種の弁膜症、心拡大、心筋梗塞などを診断することができます。

動脈硬化測定

ABI・CAVI(動脈硬化測定検査)

血管年齢が測定でき、動脈硬化の重傷度および手足の血行状態が測定できます。

採用情報

Top